レディ

指名手配犯を逃がさない

セキュリティカメラ

一般社会に紛れ込んだ厄介な指名手配犯を捕まえるためには、監視カメラの設置が有効的です。監視することにより指名手配犯を見分けることができます。監視カメラを設置しないと、指名手配犯に逃げられてしまう可能性があるのです。

防犯に最適なカメラを

レディ

最近では、身を守るために防犯グッズで対策を行なう方が増えています。防犯グッズを設置することで、安心して生活することができます。そこでおすすめなのが防犯カメラですが、個人で設置することもできます。セキュリティサービス会社と契約することにより工事費が無料になる場合もありアフター面でも安心です。

防犯や安全対策に最適

防犯カメラを持つ作業員

犯罪抑止に効果あり

比較的治安が良い国と言われるにでも、盗難や不法侵入・傷害事件など犯罪は後を絶ちません。商店街や駅・ビルなど街の至る所に監視カメラが設置されています。監視カメラ設置のメリットは、犯罪が起こった際の証拠になるだけではありません。監視カメラを設置することで、犯罪そのものを防止する効果があります。犯人が一番嫌うのは「人の目につく」ことです。監視カメラは、人の目で見えにくい場所や死角までを捉えることができ、「目」を増やすことが出来ます。侵入しようとした場所に監視カメラがあるのに気づくと、犯行を諦めてしまうのです。このように、監視カメラの設置は犯罪の発生を未然に防ぐことに効果を発揮します。セキュリティ対策には最適な方法と言えるでしょう。

介護施設で利用の理由

近年では、介護施設で監視カメラを導入する施設が増えてきています。老人ホームなど居住型の介護施設には家族や面会人など不特定多数の人が出入りします。職員も利用者全ての家族を把握するのは不可能です。出入口にカメラを設置して桶はどの人がどの利用者の家族かを後で確認することが出来ます。また、利用者の中には施設を出て「徘徊」してしまう人もいます。出入口にカメラを設置しておけば、誰がいつ出入りしたのかを確認でき、利用者の安全にもつながります。そして、居室への設置は利用者の様子を確認することが出来ます。介護施設は24時間体制で職員が働いていますが、人手不足で職員の負担が大きくなりがちです。そんな時にカメラを設置しておけば別室のモニターで確認ができ、万が一ベッドから落ちたり、体調が急変した時でもすぐに対応が出来ます。しかし、利用者や家族の中には「監視されるのは嫌だ」と感じる人もいます。監視カメラは安全対策のために必要だと理解を得ることが必要です。

セキュリティ強化の方法

家の形の錠前

防犯カメラを導入した個人や企業などが高く評価しているのは、サポート体制が充実している設置業者です。最初に見積もりを依頼することが重要ですが、録画機能がある機種を選び、建物の主要な個所に設置するのが理想的です。